日田市のお店を1件掲載しています。

日田市のお店

1件

日田市

日田市のエリア情報

‐大分県/日田市キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約20店舗
総予算目安(1名):3時間1万5千円
指名料目安(1名):1時間5千円
同伴料目安(1名):1時間5千円


大分県に位置するが、筑後川水系にあるため歴史的に福岡県の筑後・筑前地方とのつながりが強く、
この地域の方言である日田弁は肥筑方言の特徴を持つ。
周囲を山に囲まれた典型的な盆地であり、多くの河川が流れ込み「水郷(すいきょう)」を形成している。
そのため、春から秋にかけては朝夕に地元では「底霧」と呼ばれている深い霧が発生する。

気候は、九州型の太平洋側気候だが、盆地のため夏と冬、朝晩の気温差が大きい。

日田市には中津江村がある。2002年に開催された日韓ワールドカップの際、
中津江村は村内のスポーツ施設の有効活用を目的に公認キャンプ地として名乗りを上げ、
その結果アフリカのカメルーン代表のキャンプ地に選ばれたことも記憶に新しい。


日田市の主な観光地(史跡)
・穴観音古墳(国史跡・内河町)
・法恩寺山古墳群(国史跡・刃連町)
・ガランドヤ古墳(国史跡・石井町)
・城山古墳(諸留町)
・薬師堂山古墳(田島町)
・朝日天神山古墳(小迫町)
・丸山古墳(城町)
・姫塚古墳(高瀬本町)
・平島古墳(諸留町)
・惣田塚古墳(琴平町)
・三郎丸古墳(北友田)
・小迫辻原遺跡(国史跡・小迫町)
・吹上遺跡(吹上町、小迫町、渡里町)


日田市の主な温泉
・日田温泉
・天ヶ瀬温泉
・湯ノ釣温泉


日田市の主な食文化
・日田やきそば - 調理方法の特徴から、一般のソース焼きそばに比べて、麺がパリっとしているのが特徴。
・高菜巻(たかなずし) - 高菜を海苔の代用とした巻き寿司。
・柚子胡椒 - 発祥地地域の一つに指摘される。
・鶏足(けいそく) - ニワトリの足を甘辛く煮た料理。
・たらおさの煮しめ - 棒鱈の内臓部分(鱈の胃)を甘辛く煮た料理。お盆に食することが多いため「ぼんだら」とも呼ばれる。
・日田どん鍋 - 旅行専門雑誌『じゃらん九州』が中心となって作られた、レシピに日田産の食材が含まれる鍋。

page top