別府市のお店を1件掲載しています。

別府市のお店

1件

別府市

別府市のエリア情報

‐大分県/別府市キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約30店舗
総予算目安(1名):3時間1万5千円
指名料目安(1名):1時間5千円
同伴料目安(1名):1時間5千円


大分県の東部のほぼ中央に位置し、西側には由布岳、鶴見岳を中心にした連山と、
東には瀬戸内海(別府湾)に流れ込む朝見川、春木川、境川などの
河川により形成された扇状地と下流部の沖積平野からなる。
温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市。
源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、
湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。
気候は、瀬戸内海式気候に属し、平均気温は16.6℃、降水量1963.0ミリメートル。

別府に訪れる客の大半は大分市内の都町で飲んでから、別府の風俗街で遊ぶというのが
一般的!


別府八湯
別府市内には、おのおの泉質や雰囲気を異にした温泉が数百あるが、
それらは歴史の異なる8箇所の温泉地を中心に分布しており、これらを総称して別府八湯と呼んでいる。

・別府温泉
・浜脇温泉
・観海寺温泉(かんかいじおんせん)
・堀田温泉(ほりたおんせん)
・明礬温泉(みょうばんおんせん)
・鉄輪温泉(かんなわおんせん)
・柴石温泉(しばせきおんせん)
・亀川温泉


別府地獄めぐり
海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は国の名勝。その他、地獄めぐりに含まれない
地獄に坊主地獄や明礬地獄などがある。また、亀の井バスが創業と同時に運行を始めた
別府地獄めぐり」コースは、国内で最も長い歴史を持つ定期観光バスである。

・海地獄
・鬼石坊主地獄
・かまど地獄
・鬼山地獄
・白池地獄
・血の池地獄
・龍巻地獄


別府市の主な観光地(史跡)
・別府市美術館
・大分香りの博物館(別府大学内)
・別府市竹細工伝統産業会館
・別府竹細工職人工房(国際通りソルパセオ銀座商店街内「platfom 07」)
・竹未来館(別府交通センター内)
・九州自然動物公園アフリカンサファリ(大部分は宇佐市域)
・山地獄動物園
・城島高原パーク(旧「城島後楽園」)
・ラクテンチ
・スギノイパレス
ヤングセンター(大衆演劇、鉄輪温泉いでゆ坂)
・別府金山
・別府タワー
・ビーコンプラザ・グローバルタワー
・近鉄別府ロープウェイ
・湯の花小屋(明礬地獄)
・地獄蒸し工房 鉄輪(鉄輪温泉いでゆ坂)
・別府競輪場
・別府りんご園
・鬼ノ岩屋古墳
・聴潮閣


別府市の名産品
・とり天 (市内の東洋軒が発祥の店。)
・別府冷麺
・ざぼん漬け
・豊後別府湾ちりめん
・地獄蒸し (温泉熱で蒸したプリンや豚まんを提供する店も多くある。)
・別府竹細工
・湯の花(明礬)
・和洋菓子 (ケーキ店やプリン店が非常に多く、また土産菓子の生産も盛んである。)
・干し椎茸
 (干し椎茸の原木栽培の特産地であり、昭和26年から現在までの60年間以上も日本一の生産を誇っている。)

※近隣市町の特産品である関あじ、関さば、城下かれい、臼杵ふぐ、豊後牛などを提供する飲食店も多い。

page top