水木凛

ナイスタリニューアル第12弾を飾ってくれるのは歌舞伎町を代表する美人茶屋さんから水木凛さん♡撮影後にインタビューをお願いしました♡まさにお人形のような小柄で可愛らしいルックス♡そんな凛さんに過去・現在をお聞きしました♡想像できない一面も♡必見です♡!
INTERVIEW | 2017.06.30

水木凛
- SPECIAL INTERVIEW & PHOTO -

— 凛ちゃん撮影お疲れ様でした♡では、ナイスタさんインタビューです☆録音で録りますので、よろしくお願いします♡
はい♡
— まず、お名前は?
水木凛です♡(みずきりん)
— 水木凛ちゃんですね♡歌舞伎町の美人茶屋さんに入ってどのくらいですか?
今、三ヶ月くらいです。
— 茶屋さんはオープンしてからどのくらいですか?
九月なんで・・・。
— オープンしてから、ちょっと経ってから入ったんですね。
そうですね。結構経ってから。
— その前はどちらに。
グラミエールっていう、ディアレストのグループの。
— 自分、それ前も聞きました?
そうですね。笑
— 笑 美人茶屋さんはどんなお店ですか?
働きやすいし、頑張ってくれる子をちゃんと認めてくれるお店ですかね。
— なるほど。さすがのオスカーさん。
さすがのお店です♡
— では、凛ちゃんから見る、お店のいいところを教えてください。
いいところは、箱が広いので、フリーも他のお店より集客はあるし、ライバルも多いから、やり応えもあるだろうし、サポートしてくれるスタッフさんも沢山いるし、働きやすいと思いますね。
— 凛ちゃんは負けず嫌いですか?
負けず嫌いです♡笑 とてつもなく♡笑
— とてつもなく?笑
はい♡♡笑
— 凛ちゃんから意志の強さは感じますからね。仕事意識も高そうな。
そうですね。高い方だと思います。
— では、凛ちゃんがキャバ嬢になったきっかけはなんですか?
きっかけは、大学を四年で勝手に中退して、、、笑
— 自らの意志で?
自らの意志で。笑 まぁ、親に殴られ、、、。
— 殴られた?
殴られましたね。ボコボコに。笑
— だって親が入れてくれたんでしょう?学費含め。
そうです。自分で言うのもあれだけど、すごいお金をかけて育ててもらった方だったんですよ。それを私が全て崩したんで。勝手に。笑
— それは・・・なんで辞めようと思ったんですか?
もう、つまんないんですよね。やっぱり人見知りだし、友達もできないし、出来てもなんか”くだらない”って思っちゃって、同世代の。なんか、なんも為になんないなぁ、みたいな。大学も入りたかったわけじゃなかったんで、勝手に受験するっていう道しか与えられなかったから。もう辞めちゃえって辞めて。でも生きていくしかないんで、もう好きなことして生きていこうって思って、結構学校外で遊んでた友達がいろんなことやってたんで、その中でキャバクラやってた子に勧められて。最初スカウトを紹介してもらいました。
— で、辿り着いたんですね。その時がグラミエールさんですか?
その時はキングダムクイーンです。最初。
— あ、結構いたんですね、歌舞伎町に。
でも、そのキングダムクイーンで半年やって、なんか一年空いてるんですよ。昼職してて。
— あ、そうなんですね。まず、ご両親はなんて言いましたか?夜を始めた時。
あ、泣きじゃくってました。目の前で泣きじゃくられました。笑
— 伝えたんですね。
伝えました。もう感づいてたと思いますけど。
— わたし大学を辞めて夜やる、と。
そうです。泣いてました。笑
— それを振り切って、この業界に。
そうですね、もう今まで言うこと聞いたんだから、もういいでしょ、みたいな。
— そうですか。今までずっと、なんだろう、、、いいなりじゃないけど、その意識が強かったかな?
自分の意志が通用しなかった。
— だから、子供の頃から我慢してたのが出てしまったのかもしれないですね。
多分、すごい出ちゃったんだと思う。笑
— それで一時的に昼職をやってた時は何をやってたんですか?
不動産の営業です。売買の。笑 ちゃんと面接して、一回やってみようと思って。
— 笑 それで、また夜に戻ったのは何故ですか?
まぁ、ようするに「男」だったんですけど。笑 アハハ♡笑 ちょうどキングダムクイーンの時に、彼氏ができて。なんか、ポッと一位になったんです、半年で。で、なんかヤル気もなくなっちゃって、こんな簡単に取れんのか、みたいな。で、男もいるし、男も上がれっていってるし、ま、上がってみるか、ここで、みたいな感じで。笑
— 凛ちゃんヤバイです。笑 凛ちゃん、これは書いて大丈夫ですか?笑
ま、いいでしょう。アハハハハ♡♡笑 過去のことなんで♡笑
— 笑 それで、その後にまた夜に来てしまったんですよね?
そうです。それでもう、一年くらい経って上手くいかなくて、別れたくて、とてつもなく。最初はアフターに行かないなら、やっていいよって言われたんですよ。私がどうしてもやりたいって言ったら。「アフターに行かないって約束をするんだったら、夜をやってもいいよ」って言われて、それで戻って来たのが、ディアレストのグループのヴェルージュってお店なんですけど、でも上手くいかないですよね。
— そうですよね。
アフターいかない約束を守ってたけど、でも、あっちは疑うし、不安だろうし。で、別れて、もう本気でやろうって、もう男で上がるのはやめようって。
— 気付いたわけですね。笑
気付きました・・・。笑 アハハ♡
— そうですよね。上手くいかないんですよね。変なルール付けがあると、自由にやらしてくれるならいいけど。それで、今に至ると・・・。複雑な過去でしたね。笑
アハハ♡そうですか♡?結構あるあるだと思うんですけど♡笑
— 後悔は?
全然してないです。あ、でもその一年は後悔してますね。戻って来たことに全然後悔してないけど、その一年頑張っていればもっと・・・。
— 自分に飽きることなく、もっと上を目指してたらと?
目指してたら、もうちょっと早く色んなことができたのかなって。
— でも、それがあったから気付けたっていうのもありますからね。
そうですね、うん。
— 凛ちゃん、この話、とても興味深いです。笑
アハハハハ♡
— 皆さん知らないと思いますよね。
そうですね、あまり話したことないんで。笑
— じゃあ、凛ちゃんが最近ハマっているものはなんですか?普通の質問いきますね。
ハマってるもの・・・・・かき氷・・・。
— ん?笑
かき氷。笑 かき氷を食べにいくのが大好きで。ふわふわの♡
— お店にわざわざ?
そう♡で、自分で買ったんですよ、ネットで♡ふわふわのかき氷が家で作れるみたいな。
— 粉みたいなやつができる?笑
そうそうそう♡もう、本当にすごいですよ。
— 笑
もう、並ばなくていいです。家で食べれる♡いつでも♡笑
— それを凛ちゃん食べてるんですか?
そうです♡シロップ買って。笑
— 笑 凛ちゃん大丈夫かな。キャバ嬢は家でかき氷を食べてるということに。
アハハハハ♡笑
— では、凛ちゃんの最近の悩み。凛ちゃんが最近思うこと、不満などありますか?
悩みーーー・・・・・。つまんないですね。毎日が。
— 凛ちゃんは飽き性なんですかね?
飽き性なんですかね?なんか皆、何が楽しくて生きてんのかなって。
— 笑 凛ちゃん、さっきから飽きてばっかりですけど。大学も仕事も。笑
アハハハハ♡笑 すごい、なんか思う・・・。皆、何が楽しくて二コニコいつもしてんのかなって。皆、楽しそうなんですよ、キャバ嬢って。なんか、終わったあと飲みに行こうとか、男がデキてとか、なんかもう全部やり尽くしたんですよね、私多分。もう、何が楽しいのかわかんなくて。仕事は楽しいけど、仕事も安定してきたらつまんないし。
— でも凛ちゃんは負けず嫌いではあるんですから、何か次の目標を常に立てていくしかないですよね。
そうですね。
— 凛ちゃんは今やりたいことはありますか?
やりたいことは、、、あって。もう今年とかから、やっていこうかなって。
— 何を?
秘密です♡
— 怖い。笑
怖くないです。笑
— まともなこと?
まともです♡笑
— そうですか。笑 凛ちゃんは珍しいタイプですね。皆、キャバクラを楽しいとは言いますけど。
楽しいっちゃ楽しいんですけどね。くだらないって思っちゃうんですよね。昔から、すごい人を見下す癖っていうか。世間を見下す癖があって。根っから冷めてるんですよ。それが、でも悩みです。うん。
— 凛ちゃんはキャバクラの交友関係はどうなってますか?
交友関係は、お客さんが紹介してくれて。
— 女の子とかと仲良くなると?
そう。でも・・・・・・・、ウワベですね。ぶっちゃけ。
— やめて。笑 凛ちゃんやめて。笑 怖い怖い。笑
なんか同業付き合いって感じです。笑
— ウワベなの?
ウワベですね。笑 なんか本当に友達として付き合っていこうって子は、まぁ、いないかも。でも、皆キャバ嬢同士としては、いい子だから。
— 凛ちゃん、、、これは書いていいんですよね?笑
はい、書いていいです。笑 大丈夫、皆多分わかってると思う。
— カッコいい・・・・・♡笑 あ、皆気付いてる?
全然気付いてると思う。
— 「凛、別にあたしに心開いてないわ」と。
ないって、わかってると思う。うん。「そういう子だよね」みたいな言われるし。
— 凛ちゃんカッコよすぎる・・・・♡笑 でも、皆実際ウワベでの付き合い多いと思います。笑
そうなんです。
— それを言うか、言わないかだけで。
そうです。その違いですよね。
— 「ごっこ」をするかしないかの差だから。
そうそうそう。うん。
— だったら、凛ちゃんみたいに開き直ってくれた方が、いいですね。お互い仕事で付き合った方が・・・。
「ホント好きー♡」とか「え、ホントに信頼してるよー♡」とか、もう、クッ・・・、みたいな。笑 コイツ言っちゃってるわ~、みたいな。笑 って聞いてるいつも。笑 どうせオトコとコイツだったら、オトコ取んだろ、みたいな。アハハハハ笑
— 笑笑 ヤバい。笑 そうですね、二択だったら。。。
二択だったらオトコ取んだろって。笑 アハハハ笑
— 笑笑 凛ちゃんは悟ってしまったんですね。達観しちゃったのかな。
そうですかね。笑
— では、凛ちゃんのストレス解消法はなんですか?
えー、食べて寝る。
— そうしたらだいたい治りますか?
買い物する?とか。
— じゃあ、男性に求めることは?
そうですねー・・・・、尊敬できる人がいいですね。私にないものを持ってる人がいいですね。
— じゃあ、凛ちゃんの得意料理はなんですか?料理はしますか?今のところ、かき氷しか。。。
笑 かき氷もプロ級ですね♡ アハハ♡料理、結構なんでもしますね♡
— 家庭な感じがあまり見えないのは。。。
でも、うちホント周りに何もなくて。スーパーしかないんですよ、だから全部自炊です。
— 偉いですね。ただ、あまり表に出さないだけで?
出さない。撮っても、、、いや、食べたら美味しいんだけど、なんかマズそうとか、言われたらちょっとヘコむから。載せないようにしてる。
— だったら、自分で食べて美味しい方がいいですよね。笑
もうそれでいい。
— 誰にも何も言われない方がいいですよね。
そう、何も言われない方がいい。笑
— では、凛ちゃんは普段の生活でどんなところに気を使ってますか?健康だったり美容だったり。
・・・なんもしてないですね。
— よく寝るとか、これを食べるとか。
・・・・体重計は一日6回くらいは乗るかも。
— 6回?乗りすぎじゃ。。。。笑
うん。起きて乗って、食べる前に乗って、食べて乗って、お風呂上がって乗って。なんか気にしないとすぐ太っちゃう。
— じゃあ、今食べたものがすぐ数字で分かるわけですね。
そう、だから、これ食べたら、このくらい太るとか。何時間たったら、これはこのくらい消費するんだ、みたいな。
— すごい。だから維持ができてるんですね。
じゃないと維持できないと思う。
— では、凛ちゃんが体で一番気に入ってるところ。
えー、ないですね。なんだろう。
— 自分は今日、スネでしたねぇ・・・。
スネですか?笑 初めて言われましたけどね。笑 鎖骨とかは出てるね、とかは言われますけど。
— あ、キレイに鎖骨も出てましたねぇ。
うん。
— 骨系ですね。いや、ツヤ感がすごかったです。なんかやってますか?エステ行ったりとか。
まったくしてないです。笑 エステとか行かないです。
— 見て、このスネの骨の芯。(モニターチェック中)
へぇー。
— 見て、かなり骨が真っ直ぐなの。
あー、確かに。
— 凛ちゃんこれはとても良いことですね。人間、元々の骨で美しさが決まるので。
あ、そうなんですね。
— じゃあ、起きてすぐすることは?
体重計に乗る。笑
— そうですね。笑 では、寝る前にすることは?
寝る前にすること、なんだろう?アイマスクする。
— アイマスクして寝るんですか?
うん。あとヒーリングみたいな。youtubeで、川の音、、、で寝る。フフフ♡笑
— 笑 大丈夫かな、凛ちゃん心配です。笑
なんか、スーって寝れる♡
— それで、起きたらアイマスクを外して、体重計に乗って。
そう♡それで、かき氷作る♡
— いいなぁ、いい一日の始まりだなぁ。笑
アハハハハ♡笑
— では、愛用のコスメはなんですか?
Diorですね。ほぼ。
— 好きなファッションブランドは?
サンローラン。(SAINT LAURENT)
— 休日の過ごし方は?
寝る。
— あまりアクティブには動かない?スポーツとか。
全然動かない。しない。全然しない。疲れちゃう。
— 凛ちゃんは何が好きですか?趣味みたいなのは?
ない。笑 すごいつまんない人間なんですよ、私。
— 何だろう。乾いちゃってるから。笑
そう。心が乾いちゃって。。。笑
— どうしたらいいんでしょう、凛ちゃんを盛り上げるには。興奮するときはどんな時ですか?
・・・・・お金見たときとか。笑 お金見たり、シャンパン入れてもらった時・・・♡笑
— 凛ちゃんすごいなぁ。こんなに可愛い顔してるのに、、、、あまり印象が良くないのが。笑
アハハハハ♡笑
— では、将来はどんなおばあちゃんになりたいですか?
ピンとしていたいですね。キレイな。
— では、将来の家族像は?
いらないです。家族。
— 笑 願望はないですか?
全然ないです。結婚願望って一度も抱いたことがない。うん。
— 面倒くさいだけになってしまいますかね?
なんか、今、みんな離婚離婚離婚みたいな話ばっかで。
別に結婚しなくても、事実婚とかで。
— そうですよね。結婚しなくても一緒にいれば。
そう、一緒にいれればいいのかなって。
— 結婚すると別れる時もね。
その縛りがね。
— じゃあ、明日死ぬとわかってたら何をしますか?
明日死ぬってわかってたら・・・、もう体重とか気にしないで、食べたいもの食べて、好きな人に会って、ベロベロに酔って、地球が終わる瞬間を、見たい。
— 笑 もう、どうでもいいですからね。
うわー死ぬーみたいな。笑
— でも、ちゃんと好きな人には会いたいと。
そうですね、いれば。いなかったら、、、独りですね。笑
— 一人で酒飲んで、ね。笑
一人で酒飲んで死にたい。笑
— ヤバい。笑 では、凛ちゃん過去にタイムスリップするとしたら、いつに戻りたいですか?
ん~・・・・、高校生かな。
— なんでだろう?高校生の時は楽しかったですか?人生。
ううん。
— 高校生の時からつまらなかった?
もう中学からつまんなかったですね。ずっと女子校で。中・高・大って。
— うわぁ。。。それはそれでキツイですね。
すごいキツくて。で、中学生の頃、とてつもなくイジメられてたんですよ。それが高校もそのままで。
— えっ、付属みたいな?スライド式の?
そう。大学は受験なんですけど。で、親も辞めさせてくれないから。
— しないでしょうね。凛ちゃんが中学の時にご両親は決めてたと思います。
そう。行けって言って、行くしかないから行って、イジメはなくなったけど、話さない状態みたいな。
— でも一回でも、それが中学の時にあったら、そのスライド式はツラいですよね。変わらないんですから、メンツが。
めっちゃツラいです。めっちゃツラい。そう。
— で、そこに男子がいれば、空気は変わるんだけど。
そう。女の世界って独特だから。
— なるほど。そういうことがあったんですね。凛ちゃんは。
共学入りたいです。親の反対を押し切って、変えたいですね。そこからやり直したい。笑
— そうですね。女子校・・・、女の子の方が陰湿だから。だから、キャバクラの業界も嫌なのかな。
嫌です。陰湿な子はあんまいないけど。もう大人だし、みんな。でもやっぱ、女の子が好きじゃないですね。昔から。その頃の環境のせいだと思うけど。
— その意識はこれからも変わることはないかも。
変わんないと思う。でも、損してるから。もうちょっと心開きたいんだけど。
— 開きたいよね。仲良くなりたいもんね。その方がいいもんね。
うん・・・・そう・・・。
— ・・・凛ちゃん!全然思ってない感じが。。。。笑
アハハハハ笑
— では、凛ちゃんが今の仕事ではなく、違う仕事につけるとしたら何になりたかったですか?
・・・なんかね、CMディレクターになりたかったの。
— コマーシャルを作る人?考えたり、企画したり。
そう。うん。
— なんでだろう、それは?
もともと、父がそういう仕事だったのもあるんだけど。
なんでだろう・・・。なんか作ったり考えたりするのが、ちっちゃい頃から好きでしたね。絵書いたり。うん。
— そっちに進めたらいいじゃない。
進みたかったんですけどね。全部、道を閉ざされました。笑
— じゃあ、凛ちゃんの憧れる女性像。
・・・・・なんか誰に対しても、どんな時でも、ニコニコしてる子。とか、羨ましい。感情が表に出づらい子、我慢できる子。
— 凛ちゃんは血液型何型ですか?
O型です。よくB型だと思われる。
— だと、B型の子を見ると羨ましいですか?
あ、でも私も結構、バンッ!って出ちゃうんです。
— 何が?笑
キレる時とかイライラすると。なんか顔にすごい出るらしくて。笑
— 顔は、、、とにかく眼力はヤバいですよね。
アハハ笑 それ撮影だからですよ。笑 なんかボーイさんにも、インカムとかで「あ、凛キレてる、キレてる。凛、立ってるからキレてるよッ!!!」とかずっと聞こえるんですよ。笑
— 笑 凛ちゃんは怒りを表に出しやすい?
出しやすいから、そういうのを出さない子は羨ましい。尊敬する。その子もきっと我慢してるんだろうし。
— 凛ちゃんは耐えられないところがあるんですね。
お客さんと普通に喧嘩とかする。
— お店の中でも?
うん。普通に喧嘩する。ウザいと。
— 笑 抑えたり、自分をコントロールするのが苦手なんですかね。
すごい苦手。抑えて抑えて、爆発しちゃうから、もう抑えないことにしようと思ったら。笑 なんか抑えられなくて。笑 収拾つかなくなっちゃう。笑
— でも、嬉しいことは抑えないの?楽しいこと。
え、抑えないけど、伝わらない。人に。悲しい。。。笑
— 笑 そういうことですね。でも怒りは伝わるんですからね。笑
怒りはなんか伝わるらしい。笑
— 嫌な世の中ですね。凛ちゃんには生きづらい。笑
嫌な世の中です。みんな偏見ばっかで探りやがって。笑
— 笑笑 じゃあ、凛ちゃんが女性として心がけていることはなんですか?
なんですかね。基本的なことですかね。ご馳走様をちゃんと言うとか。
— 凛ちゃん、基本的には言葉遣いキレイですよね。
ホントですか。笑
— お父さんのことを父と呼べる人はいませんよね、この街で。笑 父って言えた子は凛ちゃんが初めてかも。
言葉遣い悪いって言われるけど。
— それはアツくなった時で、普段は話し方も、姿勢もいいし、振る舞いもすごいキレイですよ。それは続けた方がいいですよね。
うん。
— では、キャバ嬢として接客で心がけていることはなんですか?
・・・接客で?嘘はつかないです。出来ないことは言わない。なんか、この後アフター来れる?とか言われて、「うん、ちょっとなら行けるー♡」とか言って、行かない子とかいるじゃないですか。もう「行かない」って言う。そういう小っちゃいことを積み重ねないようにしてますね。
— うんうん。
だから、お客さんにも言いたいことはちゃんと言うから。
それで、受け止めてくれなかったら、離れてくだけだから、それはいつか離れてくし、そんな人は。お客さんが一番相談とか出来るかも。いろんなこと。
— 素晴らしいです。その通りですね。では、凛ちゃんの10年後。何をしていると思いますか?
えー・・何をしてるんだろう。想像つかないなぁ・・・。
— では、10代の時からにしましょう。10代の時はどんな大人になると思ってましたか?
え、もっとまともな普通のOLとかやってると思ってた。もう結婚してると思ってた。
— 24、5歳では結婚してると思ってたと。
うん。
— では、10年後。次は35歳くらいになりますね。
35・・・・、なんか。ちゃんと生きてたいですね。自分の力でしっかりと。
— 凛ちゃんは生きていける。(キッパリ)
生きていけます?
— 生きて行けるタイプ。(キッパリ)
ですよね。笑
— 大丈夫。凛ちゃん自分でもわかってるでしょう?
そうですね。笑
— 笑 じゃあ、今日のナイスタさんの撮影はいかがでしたか?最後です。
え、すごい楽しかったです。アトムさんも久しぶりだったし。
— ですね。あ、凛ちゃんに聞いておきたかったことが。凛ちゃんの好きなお酒は?
・・・・コレ♡(COLLET)
— それが聞きたかった。笑
まだ茶屋にコレ入ってないんですけど。だからいつも言って、持ってきてもらって。常備してないんですよ。
— コレですね。今オススメのシャンパンですね。
オススメです♡でも本当に美味しい♡飲みやすい♡
— では、最後ナイスタユーザーの方に凛ちゃんから一言ください。女の子と男性の方に。これからキャバクラをやりたい子、凛ちゃんみたいな子に憧れてる子に一言。
・・・やらない方がいい。
— 笑笑
けど、まぁ、やるんだったら、美人茶屋いいと思いますよ。本当に♡初心者の子も。
— 是非、凛ちゃんと出会ってほしいですね。
えー、私なんかと。笑
— 凛ちゃんと出会ったら早いと思う。色々気付くのが。
本当ですか。
— 凛ちゃんが色んなこと経験しててくれてるから。
そうかなぁ。でも、そうですね。頑張ればどうにかなるから。この世界は。頑張った分、結果がついてくる。
— そうですね。ではお客さんや男性の方にも。
もう本当に、美人茶屋はキャストは歌舞伎町で一番多いんじゃないですかね。人数が。飽きないと思うし、フリーで何度来ても、色んな子が付くと思うし、入れ替わりも激しんですけど、是非一度来て欲しいですね。
— 凛ちゃん自身のオススメポイントは?
私ですか。私はもう・・・・こんな感じですね。アハハハハ♡♡笑
— そうですね。笑 このままですね。伝わったかな♡
面白い話はできないけれど、まぁ、面白いねって言われることは、よくある。
— すごい魅力的だと思います。何で皆さんが惹かれてしまうのがよくわかりました♡
えー嬉しい♡♡
— OKかな♡では、凛ちゃん今日はお疲れ様でした!長々とありがとうございました♡
はい♡ありがとうございました♡
CAST INFO
CAST INFO

歌舞伎町の大型店・美人茶屋/新宿でまだ入店三ヶ月にして、素晴らしい実績を持つ現役キャバ嬢。元々の育ちの良さが滲み出る上品な雰囲気と、お人形さんのようなビジュアル。会話の姿勢から賢さが溢れ出ている魅力的な彼女。小柄な体からは想像できないほど力強く、人一倍負けず嫌いで、キャバ嬢としての品格とプライドを兼ね備えている彼女。これからの歌舞伎町を担うトップクラス有名嬢の一人。

twitterinstagram
水木凛さんのキャストページへ
SHOP INFO

美人茶屋 / ビジンチャヤ

Photo,Design,Edit&Interview : SESSION ATOM
HAIR&make : PROGRESS+ HIROKI HAMATSU
Location&Studio: N studio