稲毛駅のキャバクラを2件掲載しています

稲毛駅のキャバクラ

2件

「稲毛駅」の一覧

SHOP RANKING
ショップランキング

>>ショップランキング一覧はこちら
コロナウイルス対策実施済店

JR稲毛駅の東口から徒歩1分の超駅近!
エリア最大級の大型店舗です♪
デザイナーが一から作り上げたキレイでオシャレな空間…!
高級感と過ごしやすさを皆様に提供いたします!是非ご来店ください!

千葉県千葉市稲毛区小仲台6−1−1 P's FRONT 6F・7F
JR総武本線「稲毛駅」より徒歩1分
営業時間 20:00〜LAST 定休日
目安予算 ¥5,100~¥8,000 在籍人数 -
業種 ラウンジ エリア 千葉市 稲毛・幕張
求人情報 女性求人 求人情報 男性求人
最終更新:
コロナウイルス対策実施済店

【千葉県 千葉市 稲毛】
JR稲毛駅東口から徒歩スグのガールズバー「ルリアン(LELIEN)」
2021年1月に新規グランドオープンした高級感が味わえるガールズバーです。
それでいて料金は破格のお値段!!
早い時間ならワンセット2,000円で飲めちゃいます。
さらに飲み放題メニューも充実しているから
バー感覚でご利用していただいても○
ルリアンは内装にもこだわっているガールズバーで、カウンターに対して床の高さを底上げすることによって
まるでソファに座っっているかのような座り心地のイスで、
さらに女の子と同じ目線で会話を楽しむ事ができます!

千葉県千葉市稲毛区小仲台6−17−2 信栄ビル1F
営業時間 19:00〜LAST 定休日 年中無休
目安予算 ¥5,000以下 在籍人数 15人
業種 ガールズバー エリア 千葉市 稲毛・幕張
求人情報 女性求人 求人情報 男性求人
  1. Le Lien まゆ|千葉市 稲毛のガールズバー|Lelien(ルリアン)
  2. Le Lien めい|千葉市 稲毛のガールズバー|Lelien(ルリアン)
  3. Le Lien さくら|千葉市 稲毛のガールズバー|Lelien(ルリアン)
  4. Le Lien はるか|千葉市 稲毛のガールズバー|Lelien(ルリアン)
  5. Le Lien れな|千葉市 稲毛のガールズバー|Lelien(ルリアン)
最終更新:

千葉県のエリア情報

チーバ君でおなじみの千葉県。
県知事は現在有名な俳優の「森田健作]さんですね。
それはさておき、千葉県内でキャバクラなどが集まるエリアと言えば、柏市、松戸市、千葉市、船橋市、市川市、浦安市、市原市、君津市、木更津市、成田市、八千代市、富里市、四街道市、富里市、東金市など、県の面積が広いだけあって挙げたら切りが無いほど沢山の飲み屋さんが点在する県です。
ちなみに県の面積は東京都と神奈川県を合わせたよりも広い大きさだそうです。

千葉県内の大きな駅の周りには対外飲み屋さんが有りますますので、出張などで行ったとしても夜の飲みに困る事は殆どありません!

世界の玄関口【成田空港】を構える日本を代表する県ですので、楽しめる事間違いなしです!
他にもディズニーリゾートや観光名所、自然の名所もたくさんあるので、昼は観光、夜は飲み屋さんで楽しめる理想の環境が揃っています。

千葉県は広大な面積の自然が多い為、ゴルフコースや乗馬クラブも多く、海と川に面している地域が多いので釣りなども盛んですね。
趣味の後に一杯飲むのも楽しいですよね。

ナイスタで千葉県各エリアのお店情報や詳細をチェックして、千葉県を存分に満喫して下さいね!


(千葉県)
四方を海と川に囲まれ、水と緑の豊かな自然に恵まれた千葉県は、首都圏の東側に位置し、太平洋に突き出た半島になっています。南東は太平洋に面し、西は東京湾に臨みます。
また、北西は東京都と埼玉県に、北は茨城県に接しています。
地形は、200~300メートル級の山々が続く房総丘陵と比較的平坦な下総台地、利根川流域と九十九里沿岸に広がる平野となっています。
海岸線の長さは、533.5キロメートル(平成28年3月31日現在)に及び、変化に富んだ景観を見せています。
県人口は、2002(平成14)年に600万人を突破し、現在全国で6番目に多い都道府県となっています。
(平成27年国勢調査)
人口:6,222,666人
世帯数:2,609,132世帯
平成27年10月1日現在
平成27年国勢調査
県人口は、2002(平成14)年に600万人を突破し、現在全国で6番目に多い都道府県となっています。
(平成27年国勢調査)
人口:6,222,666人
世帯数:2,609,132世帯
平成27年10月1日現在
平成27年国勢調査

千葉県のあゆみ
千葉県はもともと安房国(あわのくに)、上総国(かずさのくに)、下総国(しもうさのくに)の三国からなっていました。「古語拾遺(こごしゅうい)」によると、天富命(あめのとみのみこと)は阿波斎(あわのいん)(忌)部(べ)を率いて東国に赴き、麻を栽培させます。このとき良質の麻が成長したところを総(ふさ:麻の古語)の国といい、阿波斎部が住んだところを安房と名づけたといわれています。総の国は都に近い方が上総、遠い方が下総と呼ばれました。安房国の「房」と上総国、下総国の「総」を組み合わせて「房総」と呼ばれています。鎌倉に幕府が開かれるころ、房総では千葉氏が強い勢力を誇るようになりました。戦国時代の安房では、里見氏が大きな力を持 ちました。徳川家康が江戸に幕府を開くと、房総はそのおひざ元として重視され、直接の支配地か身近な家来の領地となりました。そのころの藩は皆小さく、佐倉藩が一番大きな藩でした。明治4年(1871)の廃藩置県により、房総には館山県、佐倉県など24の県が生まれました。その後、上総・安房の地域は木更津(きさらづ)県となり、下総の地域は印旛(いんば)県となりました。明治6年(1873)6月15日に、木更津・印旛の両県を合わせて千葉県が誕生。
この日を記念して昭和59年(1984)に6月15日を「県民の日」と定めました。

page top