大分市の昼キャバを0件掲載しています。

大分市の昼キャバ

0件

大分市 / 昼キャバ

ご指定の条件に該当するお店は見つかりませんでした。
検索条件を変更して、再度検索してください。

大分市のエリア情報

‐大分県/大分市キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約100店舗
総予算目安(1名):3時間2万5千円
指名料目安(1名):1時間8千円
同伴料目安(1名):1時間1万円


大分市は、は、九州東部にある大分県の中部に位置する市である。
大分県の県庁所在地で、中核市に指定されている。
県内で2番目に人口が多い別府市を大きく引き離し県下最大の人口を擁する。
人口は、九州で福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位で、東九州では鹿児島市に次ぐ第2位。
大分県沿海部のほぼ中央に位置する。大分県内の人口の約40%が集中する首位都市であり、人口約70万人の
大分都市圏の中心でもある。現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していた。
古くは豊後国の国府が置かれ府内と呼ばれた。
中世には大友氏の城下町として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友義鎮(宗麟)の庇護のもと、
日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。
高度経済成長期に、鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、
近年では電子工業の立地が進んでいる。
気候は、瀬戸内海式気候に属し、年間を通じて温暖、少雨である。


大分市の主な歓楽街
・都町


大分市の主な観光地(史跡)
・高崎山自然動物園
・大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
・高崎山のサル生息地(天然記念物(国指定) )
・大友氏遺跡
・豊後国分寺跡
・大分元町石仏 - 磨崖仏
・高瀬石仏 - 磨崖仏
・亀塚古墳 - 大分県下最大規模の前方後円墳
・築山古墳
・千代丸古墳
・古宮古墳
・大分銀行赤レンガ館
・丑殿古墳
・府内城跡(一部のみ指定)


大分市の主な祭り・行事
・大分七夕まつり

page top