大分県のガールズバーを3件掲載しています。

大分県のガールズバー

3件

大分県 / ガールズバー

大分県のエリア情報

‐大分県/都町キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約100店舗
総予算目安(1名):3時間2万5千円
指名料目安(1名):1時間8千円
同伴料目安(1名):1時間1万円

‐大分県/日田キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約20店舗
総予算目安(1名):3時間1万5千円
指名料目安(1名):1時間5千円
同伴料目安(1名):1時間5千円

‐大分県/別府キャバクラ 基本データ‐
店舗数:大小合わせ約30店舗
総予算目安(1名):3時間1万5千円
指名料目安(1名):1時間5千円
同伴料目安(1名):1時間5千円

※その他多数の歓楽街あり 現在調査中

地名の由来
景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と
名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされる。
しかし大分平野は広大とは言えないため、実際には狭く入り組んだ地形に多くの田が
造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとする説が近年の定説である。

大分県は、日本の九州地方東部に位置する県。県庁所在地は大分市である。
全国的に知名度が高い別府温泉や、由布院温泉をはじめとする温泉は源泉数(4,538ヶ所)、
湧出量(291,340L/分)ともに日本一で[6]、また地熱発電の発電量でも日本一でありさらに栽培、
養殖などの産業、食文化、美容やと医療に至るまで豊かな温泉の恵みが幅広く活かされている。
気候は、瀬戸内海の西端に位置しており気候区分上は瀬戸内海式気候から他の型への遷移域に当たる。

大分県には、14市3郡3町1村を合わせて18市町村がある。


大分県の主な観光地(史跡)
・佐伯城(佐伯市)- 続日本100名城
・瀬会海岸(佐伯市)- 日本の快水浴場100選、日本の水浴場88選(日豊海岸国定公園)
・波当津海岸(佐伯市)- 日本の白砂青松100選(日豊海岸国定公園)
・北川ダム(佐伯市)- ダム湖百選
・豊後二見ヶ浦(佐伯市)- しめ縄長さ日本一(1994年ギネスブック掲載)
・水ノ子島灯台(佐伯市)- 日本の灯台50選(日豊海岸国定公園)
・稲積水中鍾乳洞(豊後大野市)
・大分マリーンパレス水族館(うみたまご)(大分市)
・岡城(竹田市) - 国の史跡
・咸宜園(日田市) - 国の史跡
・九州自然動物公園アフリカンサファリ(宇佐市)
・九重山(九重連山、久住山)(玖珠郡九重町、竹田市) - 日本百名山
・九重"夢"大吊橋(玖珠郡九重町) - 日本一高い歩行者専用橋
・釈迦岳(日田市)
・鯛生金山(日田市)
・高崎山自然動物園(大分市) - 瀬戸内海国立公園
・原尻の滝(豊後大野市) - 日本の滝百選
・飯田高原(九重町)
・風連鍾乳洞(臼杵市) - 国の天然記念物
・小半鍾乳洞(佐伯市)- 国の天然記念物
・福澤諭吉旧居(中津市) - 国の史跡
・別府地獄めぐり(別府市) - 国の名勝(別府の地獄)
・豆田町 (日田市) - 重要伝統的建造物群保存地区
・明正井路一号幹線一号橋(豊後大野市) - 土木学会選奨土木遺産、日本一長い水路橋(石積アーチ橋)
・耶馬渓(中津市) - 国の名勝、新日本三景
・青の洞門(中津市)
・由布岳(由布市)


大分県の郷土料理
・黄飯 (黄飯汁、クチナシ飯)
・がん汁
・きらすまめし (きらずまめし)
・関あじ・関さばの刺身
・城下かれい料理
・ふぐ料理
・だんご汁 (包丁汁)
・やせうま
・とり天
・頭料理
・たらおさ
・もみじ
・鱧料理
・ちぎり
・ちぎり
・白酒煮
・地獄蒸し
・石垣餅
・光明寺飯
・ごまだし
・あつめし ( りゅうきゅう)
・うれしの (鯛茶漬け)
・うずみみそ (埋味噌)
・はすいもの酢あえ (天竺の酢の物)


大分県の主な温泉地
・天ヶ瀬温泉(日田市)
・筋湯温泉(九重町)
・長湯温泉(竹田市)
・別府温泉(別府市) - 源泉数全国1位、湧出量全国1位
・湯平温泉(由布市)
・由布院温泉(由布市) - 源泉数全国2位、湧出量全国3位
・七里田温泉

page top