愛沢えみり

ナイスタ求人リニューアル記念!第一弾を飾ってくれるのは歌舞伎町ナンバーワンキャバ嬢でお馴染み、桜井野の花さん♡包み隠さず丸ごと話してくれたインタビュー必見の価値ありです♡
INTERVIEW | 2017.04.07

桜井野の花
- SPECIAL INTERVIEW & PHOTO -

― 今回のナイスタ求人のインタビューですが、野の花ちゃんに結構質問がきています。内容としては求人のことなので、女の子やお客様のことが多いです。では、いきますね。
はい♡
― イラつかせてくる嫌いなタイプのお客さんが来た時の接客方法はどうしてますか?(例:ずっと上から目線で見下してくる、暴言を吐く等)そうされた時、野の花ちゃんはどうしてる?みたいなことですかね。
あ、その人のことをキライだな、苦手だなとか思っても、その中でも一生懸命、良いところを探す♡!!!
― 相手のですね。
うん。例えば、自分が何か言葉を切り返した時に、なんか、こういう言葉をかけてくれるんだろうな、みたいな、逆に誘導尋問して、その人のいいところを見つける♡
― そうしたら嫌いにもならないし、いいところが見つかるということですね。
はい、いいとこを見つけてあげます♡
― なるほど。さすがですね。次、キャバクラの仕事をしていて「この人の接客は為になる」と見本にしたエピソード。はありますか?
見本にしたエピソード?
― キャバクラや他の同業とかに行った時に、この人の接客は為になるって思った時はありますか?
あります♡ "かづきさくら"さんって人が昔いて、キャバの子なんですけど。あたしも”さくら”さんの真似をして、今の状態になっていて。例えば”さくら”さん指名の人が一人で、連れが四人いたら、全員”さくらさくらさくら”って感じなんですよ!
― お客様全員がそうなんですか?
そう、だから、女の子からしたら、美味しくないっていうか、指名割りづらいし、あれだけど。でも、その子は本数も多いのに、そこで指名が割れないで、皆して、五人で”さくら”に会いに行こうみたいな感じ。あいつと飲むと楽しいみたいな!
― それを目指してるというか、見本にしているということですね。はい、次です。同じキャバで働いている女の子を見て「この子とは仲良くしたい」と好感を持てた子、はいますか?
一条葵さん!
— あ、葵ちゃんとは仲良くしたい?では、逆に「この子とは関わりたくない」と思ったエピソード。
えー!?笑
― こんな子とは関わりたくないって思う子ってどういう子ですか?難しかったら答えなくて良いですからね。
はい。なんか私がお客さんと一緒にキャバクラに、その子のとこに連れていくじゃないですか。ま、キャバクラ連れてってくれるお客さん=太いので、そうすると、なんか自分で勝手にあれこれやっちゃうみたいな。私のところに流さないようになるんですよ。普通だったら、私が入り口があるんだから、たまには、この後「野の花ちゃんのところ行こうよ」とか「野の花ちゃんのところ行って同伴しない?」ってやってくれればいいのに、全部ひとりで総取りするっていうか、色恋して固めちゃうから。紹介したくないなみたいな。
― こっちにプラスにならないですもんね。
そうですね。紹介したら事後、うちの店に来なくなるという、悪魔のキャバ嬢がいました。笑
— 笑 そういう子にはあまり関わりたくないなってことですね。はい次です。自分がお客さん側になるなら、どんな接客をされたい?
なんか、きわどい色恋とかされたいですね♡
― 笑 ドキドキするやつ?
そうそうそうそう♡♡
― はい次。今自分がキャバ嬢を頑張れている原動力は何ですか?
ん~、なんですかね。。。
― 野の花ちゃんがずっとナンバーワンでいられるモチベーションというか、何でそのパワーはあるのか?
ん~、なんか自分の名前を将来使って仕事をしたいなって思うから、、、、頑張ってます。
— やれる時に頑張って、将来何か次にできたらいいなってことですかね?
うん、お金だったり、名前だったりとか。。。
― 出勤前にどうしようもなく気分が落ち込んでしまったら、野の花さんはどうやって気持ちを切り替えますか?
なんか私の中で、仕事をするのって、なんか寝るのと食べるのとか、排便するのとかと一緒で、あの別に気分が落ち込んだから云々じゃないんですよ。どうしますか?っていうか、もう行かなきゃいけないもの。
― 当たり前なものだから。
そうそうそう。別に、じゃなきゃいけない、どうしてますか、とかがないです。もう。当たり前だから。
― なるほど。トイレしたくなったらするし、するのが当たり前だし、ってことですかね。
そうそう、時間になったら行かなきゃいけないのが仕事だし。ルーティンです♡
― 今から求人を選ぶとしたら、野の花さんから見て「ココが重要!」という優先するポイントはありますか?
ここが重要?求人??
― 求人見る時ってどういうところ見ますか?あまり見る機会ないと思いますが。まず時給だとか、お店の内装とか。
あんま高すぎてもなんか裏になんかあるんだなと思うから。
― 笑
どうだろ。求人見る時ですもんね?私なんかお店の雰囲気とかになっちゃいますね。
― やっぱり内装だったりとか自分に合うとかね。
そうそうそう。フィーリングが、あ、ここだなとか。
― ま、そうですよね。
ん~~~・・・・お、お金。。。。じゃ、時給っていいます?とりあえず。笑
— 笑笑
でも、そうすると辻褄が合わなくなってくる。笑
― 笑 でも、多分野の花ちゃんだから、こういう質問が多いんだと思いますよ。やっぱりオープンに答えられるし。では次。キャバ嬢を始めようと思っている人に「コレは身につけるor学んでおいた方がイイ」と思うアドバイスはありますか?
学んでおいた方がいい?
― ま、そうですね。キャバクラをやる前提に学んでおいた方がいいってことですかね。これだけはしっかりしておいた方がいいんじゃないってところ。女の子たちに。例えば、挨拶だとか、お酒の飲み方とか、最低限の何か。
あ、酒癖をよくすること、、、ですかね。あとは、、、喋り方とかですかね。汚い言葉はあまりよろしくない。
― あ、ほんと?なんか野の花ちゃんも汚い言葉のイメージがあるんですけど。
笑笑
— 気のせいですかね?
それは。。。笑
― キャラクラーってものなのかな?
そう!わたしはキャラが確立してるんで大丈夫です!ってナイスタさんに書くように言っておいてください。笑
― 笑 はい次。お酒を飲みすぎて記憶を無くした、我に返った時にゾッとしたエピソードを一つ。記憶をなくして我に返った時、ワーッてなった時ってあると思うんですが、そういう時は?
我に返った時?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、うんこ漏らしたこととか!!
― え???お家帰って?お店で?
どっかのサパーでうんこを漏らして、ノーパンで帰ってきてて、そんとき酔っ払ってるからたいして気にしてないんですよ。うんこ漏らしたことくらい。ただ、ノーパンだし。そういえば、うんこついたパンツ捨ててきたわって思って、ぞっとしました。そこのバーにはまだいけてないです。
― 笑笑 これは普通に書いて大丈夫ですか?
全然いいですよ。(キリッ)向こうがOKだせば。
― 笑 ナイスタさんは全然OKだと思います!このままテキストになると思って!いいのね?
はい。大丈夫です♡
― ぞっとしますね。パンツどうしたって感じですし、誰が始末したかって話でもあるし。
ねー!てか絶対わたしだってバレてますもん。
― 笑 LINEとかでお客様とのやり取りをする時、お店に来る見込みアリor見込みナシの判断するポイントってありますか?この人は店来るんじゃないか、逆にこの人はやってもこないだろうなってそのラインみたいなのってありますか?
なんか、過剰に「俺キャバクラとか行かないんだよね」って、、、私最近もあったんですけど、「知っての通りさ」みたいな「俺さキャバクラとか行かなくても可愛い子周りにたくさんいるしさ、遊ぶ女たくさんいるからさ」とかって露骨にいってくるやつは、自分がイラっとするか、連絡はしないですね。ただ、もう、わかんないです。ほんとにフリーで、なんか態度わるかったな、とかLINEでも態度悪いやつが意外と指名で来たりするのを私は知ってるので。
― 読めないですよね。
全然読めない。こればっかりは数打ちゃっていう話。
― お客さんも変化するものですからね。
そうそうそう。
— 次、黒服にどんな人がいると嬉しい?助かるというか、働いてて。
飴と鞭が上手い人。
― 褒めてくれたり、お尻叩いてくれたり、そういう人じゃないとやる気も出ないし、ってことかな。
甘すぎてもね。
― だめですね。指名客を増やすのに一番大切なことは?
毎日出勤すること。たくさんフリーにつくこと。
― 同伴でよく行く店は?ありますか?
う~~~~~~ん、あんま同伴しないからな。
― 例えば、お客さんとよく行くとしたらどこ行くの?
野郎寿司(食い気味に即答/歌舞伎町のお寿司屋さん)
— 近場で結構済ますんですね。笑 はい次。キャバ嬢がお客さんと付き合うことについてどう思いますか?
え、いいと思います!あり!
― 店外デートの誘いに乗ることはある?orどうやって断る?
店外デートは・・・・・・ある!ある!ある!
― それは女性としてキャバ嬢として?
キャバ嬢としてもありますし、女性としてもある♡
― そうですよね、人間ですからね。逆に嫌な人の場合はどうやって断る?
忙しぶる。昼間なになにやってるとか。
― 男性に求めることは何ですか?求めることは?
なんだろう?求めること、、、器の広さですかね。
― 「この人尊敬出来る」と思う時ってどんな時ですか?これ男女ともに。
自分が困ってる時に、なんか色々ためになることとか、知識を与えてくれる人。為になる話をしてくれる人。
― 自分にとって知らないことを教えてくれる人ってこことですね。次。インスタグラムやツイッター、ツイキャスなどSNSを見られて実際に来られるお客様はどのくらいいますか?野の花ちゃんもうある程度有名だと思うのだけど。
結構いる。。。
― なになに見ましたっていきなり来るんですか?連絡とかもなしに?
いきなりきます。お店にくる。
― では、SNSをやってて良かったことと、嫌だったことは?
やっぱり他の人だったら怒られないことを私がやると、書いたり配信すると、運営側にもうるさく言われるし、人にもうるさく言われるし、っていうのがちょっとまあ。。。
― 制限みたいなものかな。本当は自由なのになんか言われちゃうのが嫌なこと?
そうそうそう。
― 今、野の花ちゃんがやりたいことや目指していることはありますか?
プロデュース業をやりたい。ドレスをプロデュースとか憧れるけど、えみりさんみたいにお洒落ぢゃないから・・・人を育てて行くとか、管理職に回りたいです。
― それはこの業界だけでははなく?
ま、(この業界から)始めたいなとは考えてます。
― 今回のナイスタ撮影はどうでしたか?
楽しかったです♡よかった♡
― 本日はありがとうございました。最後にこれからキャバクラを始めようと思っている子たちに一言お願いします。ナイスタさんの求人を見て、これから始める子に野の花ちゃんは先輩として何を言ってあげたい?
(今回一番長いタメからの)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やるからにはたくさんお金を稼いで、歌舞伎町(キャバクラ)を卒業して行ってほしいな、と思います♡♡
― 素晴らしいです。野の花ちゃんありがとうございました。
はい♡♡
CAST INFO
CAST INFO

歌舞伎町を代表するキャバ嬢。勤めるお店では50ヶ月以上連続ナンバーワンの超売れっ子キャバ嬢。独自の世界観と発言力でTwitterやInstagramでの振る舞いが好評。夜業界以外からも高い人気と知名度があり、雑誌やテレビなど多方面で活躍中。特にSNSへの対応力が高く、インスタライブやツイキャスでも高いトーク力や面白い姿でユーザーを楽しましてくれる。その反面、礼儀正しい一面も持ち合わせている、歌舞伎町次世代キャバ嬢の一人。

Photo,Design,Edit&Interview : SESSION ATOM
HAIR&make : PROGRESS+ HIROKI HAMATSU
Dress : PROGRESS
Location&Studio: N studio